亜麻仁油は日本製粉オンラインショップで購入。

亜麻仁油は日本製粉で何度も入荷待ちという状態の中、やっと購入することができました。
品切れの理由は、テレビで紹介されたことと、その効果効能が魅力的だからだと思います。
スーパーでは取り扱っていないことが多く、通販で入荷しても、すぐ品切れになるので、まとめて買っておきました。

 

亜麻仁油

 

私が亜麻仁油を購入しようかと思ったきっかけは、アトピーの悩みをもっていることと、
放射能汚染の影響で魚を食べにくくなったことです。

 

口コミでも、肌荒れやアトピーが良くなったと好評なので期待しています。
亜麻仁油自体のコレステロール値がゼロで、一緒に食べたもののコレステロール値を下げる働きがあるのも魅力的に思いました。

 

魚を含めた食品は、ふだん産地を見て買っていますが、海の場合、汚染域の把握が難しいと思ったのは私だけではないと思います。

 

汚染された海域で捕れた魚を、遠くはなれた、汚染されていない漁港であげるという産地偽装の問題が現実にある中、
亜麻仁油は、魚に含まれるオメガ3脂肪酸やα-リノレン酸、フラックスシードを摂取できることを知り、救世主ともいえる油
だなと思ったからです。

 

リノレン酸α-リノレン酸は、n-3系必須脂肪酸と呼ばれ、体内では作ることができません。
α-リノレン酸を摂取すると、体内でDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)に変わりますが、
血液がサラサラになる、頭が良くなると言われる有名な成分で、心臓疾患予防にもよく、中性脂肪も下がる万能オイル。

 

魚を食べる量が減っても、必須成分を亜麻仁油で補うことができるのです。

 

また、日本製粉の亜麻仁油の産地を調べてみると、
カナダとニュージーランド産で、限定契約農家となっていたのも決め手となった1つです。

 

GMO検査で合格した限定栽培をしている契約農家の高品質な亜麻仁油を使っていて
黄金色のゴールデン種の亜麻仁をコールドプレス製法で丁寧に搾油している、という点も気に入った1つでもあります。

 

>>日本製粉の亜麻仁油オンラインショップはこちら<<亜麻仁油,日本製粉,アマニ油

 

コールドプレスコールドプレス製法とは、酸化防止のため、酸素と光を遮断した状態で、
そのまま加熱することなく搾汁するため、果実や種子の栄養素や ビタミンなどを壊さず搾ることができる製法のこと。

臭いは?食べ方と注意点。

亜麻仁油はメーカーによって、ニオイにクセがあり、食べにくいという声もみかけ、
私は生臭いニオイは超苦手なので、ニオイがなく食べやすい亜麻仁油にしました。

 

日清製粉の亜麻仁油は食べやすいようにあえて精製してくれているので、とってもありがたいです。

 

良い油を美味しく毎日摂り続けるには、食べやすさも重要だと思うからです。

 

芸能人やスポーツ選手が手にする人気の亜麻仁油ですが、
食べた感想は、臭いに敏感な私でも、まったく気にならず口にすることができ、無臭でさっぱりタイプの透明なサラサラオイルです。
主人も同じ感想で、これなら続けられると思えた亜麻仁油です。

 

摂取量の目安は1日に小さじスプーン1杯。

アマニ油

 

そして亜麻仁油を食べるとき、一番良い食べ方は、サラダにかけたり、ヨーグルトに混ぜる、スープやお味噌汁(食べる直前)、
納豆に混ぜる、冷奴にかけたり、パスタ、カレー、シチューなどは食べる直前にというように、
熱で炒めたりせずに、トッピングとして摂取する食べ方が、継続しやすいと思います。

 

亜麻仁油と醤油やポンズで和風ドレッシングも簡単にできるし、ディップの油としても相性がよく、
最近は、タコライスや焼きビーフン、タイ風パッタイ、カレーピラフ、ゴーヤチャンプルーにも亜麻仁油をかけて食べてみましたが、
かけたことを忘れて美味しく食べていますので、ストレスもありません。

 

もはや、かけ忘れたほうが、しまった〜〜と、ストレスとなっています(笑)

 

亜麻仁油が加熱に向かない理由には酸化しやすいからですが、トランス脂肪酸がゼロで、酸化に強く体に良い油で炒めものや、
揚げ物をしたい場合はその条件を満たす、もう一つ話題の油、ココナッツオイルが向いています。

 

料理法や食事メニューによって、良い油を使いわけましょう。

 

保存方法は冷蔵庫保存です。固まらないのでご安心ください。