亜麻仁油が酸化しない使い切りタイプ

亜麻仁油は酸化しやすいので、一人暮らしの人や、ほとんど外食!という人には
亜麻仁油のボトルタイプは1ヶ月以内に使い切るのが難しいこともあるのではないでしょうか。

 

そして、出張や旅行時など、長期の間、家を空ける場合にも、
開けた亜麻仁油の酸化が気になるのと同時に、旅先での亜麻仁油の摂取はどうするべきか悩むところだと思います。

 

そういった場合はてっとり早くサプリメントを思いつく人が多いかと思いますが、この吸収率を見てください。

 

栄養素の吸収率はこんなに違うのです。

 

タブレット:10%
カプセル:20%・・・・・・・・・・・・・・・・・・亜麻仁油サプリメント
ソフトジェル:30%
皮膚からの経皮:45%
舌下(液体):50%・・・・・・・・・・・・・・亜麻仁油オイルタイプ
筋肉注射:90%
舌下(ミスト):95%
静脈注射:100%

 

身体への栄養素の吸収率は錠剤よりカプセル、カプセルより液体のほうが吸収率が良いのです。
どうせ摂るなら、吸収率も気になりませんか。

 

そこで私が関心したのは、コレです。

 

亜麻仁 亜麻仁 産地

 

そう、亜麻仁油の使い切り個別パックがあった!!!
しかも、チャックつきで、個別パックも遮光カットしてあります。やるな〜日本製粉と思ってしまいました。

 

いろいろな亜麻仁油を探しまくりましたが、こんな個別パックは初めて見つけました。
お弁当や外出時に気軽にもっていけて、新鮮なまま使い切れるので、これは便利だなと。

 

うちはよく、旅行もするので、旅行中も問題なく亜麻仁油を摂ることができると思うと、嬉しくてたまりません。
機内持ち込みもOKだし、出張が多い父にも、日数分持たせることができて便利!

 

先日、旅行の2週間ほど前に余裕をもって注文したつもりだったのですが、
注文が殺到しており、なんと配送遅延になりますとの、お詫びのメールが届きました・・

 

今回は亜麻仁油を持っていけない旅となり、3日間目にはアトピー性皮膚炎が少し復活してしまいました!
やっぱり切らしてはダメだと心に誓いました(苦笑)
注文は早めの1か月前には頼んでおいたほうが、私のようにならなくてすむと思います。

 

悩んだ結果オイルにしたのは、サプリメントよりも吸収率がよくて、値段もやすくて、衛生的なところが気に入ったからです。
普段は、186gのボトルタイプを使っていますが、使い分けができて便利だと思いませんか。

 

亜麻仁油の酸化を防ぐための正しい保存方法として開封後は冷蔵保存ですが、開封前は冷凍保存か冷蔵保存です。
個別パックは使い切りなので常温保存OK。

 

愛犬などのペットにも食べさせて良いオイルなので、一緒に食べるのも楽しいですね。